読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトルって難しい。

学力も体力もない人間の雑記帳。

iPhone5sがこわれたお話

最近、物が壊れることが多いです。ついてないです。

事件は現場で起きた

いつも通り、研究室の自分の机にあるLightningケーブルに繋いで充電していた時のこと。
普段はマナーモードにしているため、充電開始時にはバイブがなるのですが、そのバイブが連打という状態。
最初はケーブルが破損しただけだろうと考えていました(7月28日午後10時)。

家に帰って、家のケーブルで確かめてみたところ、同様の現象。しかも、ほとんど認識すらされません。嫌な予感がしました。
念のため、他のケーブルに変えたりしましたが、調子は変わらず。また、iPadに繋いで確かめてみましたが、正常。これはまずいなと思い始めました(7月28日午後10時半)。

コネクタの掃除

コネクタは傷つけない程度にならば清掃が可能です。まず、エアーダスターで埃をぶっ飛ばしました。

ELECOM エアダスター ECO 逆さ使用OK ノンフロンタイプ 3本セット AD-ECOMT

ELECOM エアダスター ECO 逆さ使用OK ノンフロンタイプ 3本セット AD-ECOMT

多少は埃が取れ、あとは大丈夫だろうと思って繋ぎ直してみましたが・・・ダメ。
ここから半泣きの状態です(7月28日午後11時半)。

Genius Barとバックアップ

AppleCare+に加入しているので、ある程度まではAppleが保証してくれます(過去に経験済み)。
じゃあとりあえず明日Genius Barに持って行こうと予約・・・。
しかし、夏休みからでしょうか。一番キャパがでかい銀座で最短3日後の昼。表参道はわずかに早く、2日後の晩。即予約しました(7月29日午前0時半)。
この際に、一番重要なのは、おそらくこの状態だと修理に出されるか交換されるかだろうということであり、それゆえに必要なのはバックアップでした。
しかし、コネクタが死んでいる状態でどうやって取るのか。非常に困りました(7月2 9日午前0時40分)。

救いの手 Wi-Fi同期

Wi-Fi同期という機能がiTunesiPhoneにはあります。その名の通り、Wi-Fi経由で同期するというものです。以前は使用していたのですが、ケーブルで繋いだ方が高速だったので一旦切っていました。
しかし、コネクタがほぼ死んでる状態下で、なんとしても復活せねばなりません。一瞬(と言っても1分くらい)PCとiPhoneがケーブルで繋がった瞬間を狙って、Wi-Fi同期の設定をオンからの適用。これで勝ちました。
Wi-Fi同期でバックアップを取り、そしてスクフェスとトイズドライブとミニ四駆のアプリは引き継ぎのセットアップを実行。
写真は、一瞬繋がった隙にMacの写真アプリが読み込みをしてくれたのでバックアップは完了。連絡先などはiCloudで保存。もともとバックアップもとってあるので、これで万全な状態となりました(7月29日午前4時)。

Genius Barのキャンセル待ち

Genius Barはキャンセルが出ます。確認した段階で、翌日の昼に1枠ありました。勝ちました(7月29日午前7時)。

流れが変わったな?

何故か充電も同期もできるようになりました(7月29日午後9時)。
翌日確認しても無事でした。意味がわからん。

Genius Bar

Apple Storeに行った結果、交換していただきました。助かりました。

教訓

おしまい。

Steve Jobs (English Edition)

Steve Jobs (English Edition)

おまけ